無生物主語の例文と解説

無生物主語 159

159. 彼女の不在が僕をがっかりさせた。
159. Her absence disappointed me.

よく、「日本語には無生物主語はない」と言われて、「彼女の不在によって、僕はがっかりさせられた。」のように訳しなさいと言われます。

しかし、「彼女の不在が僕をがっかりさせた。」というのは別におかしくありません。もしかしたら、翻訳本が多くなってくるにつれて、おかしいと感じなくなったのかもしれませんが。

それに、日本語でも「電気がついた」「においがする」「家が倒れた」というように無生物が主語になるケースは多いものです。

では、テストにあたってはどうすればいいかですが、「彼女の不在によって、僕はがっかりさせられた。」が無難です。個人的には、学校のテストの場合は先生の方針にあわせて行けばいいですし、大学受験の場合はどっちでもいいかなと思います。


サブコンテンツ

このページの先頭へ