あなたが英語を勉強する動機を書きだそう

「英語ができると、頭がいいと思われるよなあ」「いい学校に行って、公務員になって天下りしたいなあ」「外国人の異性を英語で口説きたいなあ」といった欲望、あるいは「あいつより英語ができるようになって、俺をバカにしたあいつを見下してやりたい」といった復讐心が大切だと言いました。

こういう何かをはじめるきっかけとなる気持ちのことを「動機」といいます。

私が英語を勉強するようになった動機は、「周りに無茶苦茶バカだと思われたくなかったから」
です。高校3年生の時、地元の最低ランクの普通高校を卒業し、大学受験は全部不合格になった
私は、予備校にも行かずウェイターのアルバイトをしていました。

その頃、弟たちは地元一流の進学校で勉強していました。彼らは「東京大学を受けます。滑
すべり止めに早稲田か慶応かな」という私とは同じ兄弟と思えない頭のよさでした。
私の同級生たちは、頭のよい子は大学に進学し、そうでもない子はしっかりと就職していました。
元々進学率が高くないところでしたから、浪人する人は数名でした。

アルバイト先では、先輩は全員大学生でした。よりにもよって、地元で一番頭のいい大学。さら
に悪いことに、その店の店長は妙な学歴コンプレックスがあるらしく、大した大学でもないのに大卒であることを自慢にしていました。高卒で予備校にも行かず、手に職もない十八歳の少年。早速いじめたくなったのでしょう?
店長は言いました。
「ステーキって、英語で何て言うか知ってるか?」「ステーキ」「バーカ、スティクだ」
こういう毎日が続きました。

私には十分な動機がありました。気分的には「南極でイギリス人基地の近くで遭難中」でしたか
ら。

さて、あなたが英語を勉強したいという動機は何でしょう。下に思いつく限り書いてみましょう。いくつあっても構いません。10個でも100個でも書いてください。書かない限り、次に進んではいけません。ここを飛ばすと、この教材で英語を勉強する効果が激減します。

あなたが英語を勉強したい動機:

 


サブコンテンツ

このページの先頭へ