現在完了って何?英語の語源から探ってみよう

現在完了が出てきた途端、英語がいろいろと難しくなったという人も多いと思います。

そもそも、現在完了は「present perfect」と書きます。「現在・完璧」ですね。訳がわかりません。
昔「現在完了」という日本語に訳した人も苦労したのではないかと思います。

例文が頭に入ってくると自然にわかるのですが、「過去」形は「過去のある一点」を指すもで、
「現在完了」形は「過去のある一点から現在までの期間」を指すものです。

つまり、過去形は「点」で、現在完了形は「線」で表すことができます。

感覚的には、話し手が過去の一点を意識している時は過去形を使います。
「ああ、あれは過去の人だぜ。もう終わってるよ。全然怖くないね」くらいに過去のことです。

ところが、現在完了では、たとえそのことが過去に起こったことであっても、現在まで影響を及ぼしたり再び起こったりすることを想定しています。
「ああ、ヤツはすごい。今まで何度もチャンピオンベルトを取ったんだ。もちろん、今だってやれるさ。ヤツは最高のファイターなんだ。俺なんか怖くてちびっちまうよ」みたいな感じです。

「perfect」は、「完全無欠」という意味ですから、そこから現在から今までをトータルでカバーするということで、「present perfect」となったのではないかと思います。
ですので、「perfect」は「完了」だと思わなくてもいいです。

ともかく、完了形では「話し手がどの時間を意識しているか」「それは点と線のどちらで表せる
か」を意識すれば簡単です。


サブコンテンツ

このページの先頭へ